温水洗浄便座を交換する2

便座交換に至る経緯

ダンパーが壊れたのを直して使っていたPanasonicビューティートワレ、修理から1年半経過して再びダンパーが壊れた*1。前後して奥さんからの愁訴でビデ機能*2が調子悪い、時々出ないのだという。基本的にノズルは一本なので前後位置で変わっているはずなのだが、水が当たらないのだとか。確認してみると、お尻の洗浄位置では確かに勢いよく出るがビデ位置だと出ないことがある。時々は調子いい。前回の交換から約6年経過、最初のINAXの寿命と比べて半分の期間だがまぁダメなんだろうなということで交換することにした。

メーカー選定

各メーカー色々あるが、やはり最大手のTOTO、そして我が家の便器そのものはINAX改めLIXIL、今まで使ったPanasonicが三強か。INAXは13年使ったが最近のは10年経つと点検警告でLEDが点滅して非常にウザいらしい*3のと、Panasonicは同時期に買った実家のはまだ何ともないものの、やはり餅は餅屋、便座は便器屋が作るモノがいいのかもしれんということ*4、息子も大きくなってもう体重検知式でいけるだろうということで、TOTOのウォシュレットが視野に入ってきた。ということで一度TOTOを使ってみたかったのでINAXの便器にTOTOを使ってみるの巻。

機種選定

TOTO製は色々あってよくわかんないんだけど、やはりPanasonic同様に業者向け*5と一般小売り向けがあるみたい。今回も貯湯式、リモコン無し、安価第一主義で選択*6。コンシューマー向けとしてはKシリーズがあり、その違いは下記のようである、業者向けのBV2と現用のPanasonicも列記する。

項目TCF8CK66TCF8FK55TCF8GK33BV2(TCF2222E)CH921SPF
仕向先ヨドバシ等向けケーズデンキ等向けヤマダ電機等向け業者向け交換前(Panasonic)
省エネ達成率112%112%112%112%102%
消費電力321W321W321W321W458W
貯湯量0.64L0.64L0.64L0.64L0.85L
洗浄位置調整----
マッサージ----
やわらか----
脱臭機能
着座検知体重検知式体重検知式体重検知式体重検知式センサー式

業者向けが一番機能が少ないようだ。マッサージとやわらかの機能の差がどういったものかは不明であるが、TCF8CK66にはムーブ洗浄も付いているし問題ないだろう。我が家としては位置調整の方が有用そうなのでこれを買うことにした。値段も大して違わない。

交換

基本、規格品なので何の問題もなく交換も30分くらいで終了。

before

20140517_2.jpg

after

20200724_0.jpg

施工自体はまぁ、普通に取説読めば出来る。洗浄力も十分強い。色はINAXの色番号BN8オフホワイトとSC1のパステルアイボリーはほぼ同色である。取り付けに際して余った部品はフレキ管*7、付属の工具は使用しなかった。


コメントをどうぞ


(画像の文字列を入力して下さい)

*1 これは設計が良くないのと同時に部品の品質も良くないんだと思う
*2 男は使わないからわからん
*3 衛生的観点からも交換はした方が良いのかもしれないけどそんなのユーザーの都合に合わせろと言いたい
*4 価格は安い、それは魅力ではある
*5 業者向けにはフレキパイプやスパナの同梱が無い
*6 どうせ壊れるときは6年で壊れるということがわかったし
*7 結果的にフレキ管は大丈夫だったのでそのまま再使用した

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-27 (月) 11:38:00 (15d)