温水洗浄便座の修理

便座を交換して5年くらいになるだろうか、突然便ふたがバタンと閉まるようになってしまった。便座の機能そのものは壊れていないので、修理できるもんならしようとPanasonicのサービスに電話すると「部品は個人様にはお売り出来なくなりました」だとさ。やれやれ、、、サービスマン派遣だとそれだけで新しいもんが買えてしまうのにさぁ。いや、言いたいことはわかるんだけどねぇ、部品くらい売ってくれよと。次買うならTOTOにするかなぁ。

解析

20190306_0.jpg

壊れたダンパーは便座ではなく、便ふたの方だ。

分解

20190306_1.jpg

バラしてみると、なんとダンパーの固定パーツが割れている(右)。やれやれである、オイル漏れによってプラスチックが急速に劣化したのだ。こんなところに樹脂パーツを使うんじゃないと言いたい。黒い方は便座のダンパーだ、これはなんともない。

部品手配

20190306_2.jpg

間に設備屋さんを通して頼み込んだ。送料がかかる、やれやれ。それでも消費税入れても3000円でお釣りがきた。スムーズに閉まるようになったからいいけど、予想より早く壊れたなぁ。


コメントをどうぞ


(画像の文字列を入力して下さい)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-09-13 (金) 23:28:06 (39d)