リヤブレーキのオーバーホール とリーディングシューの交換

86545km時、リヤブレーキのオーバーホール(4年ぶり2回目)を行う。前回はカップキット交換のみだったが、今回はリーディングシューも交換するの巻。いわゆる半ブレーキの際に何となく前進してしまう*1ので、それを改善する。何しろフロントは去年秋にやったばかりでパッドも交換してあるし、それでも何となくブレーキが弱いのはリヤをやってないからだろうと*2。シューは全部交換しても良いのだが、何となくリーディングの方が減っているのと、予算的な問題。アフターパーツではリーディングとトレーリング、それぞれ別に売っている。半分ずつ換えられるのはいいことだ。そんなの工賃払っていては倍かかるわけだけれど、自分でやる分には部品代だけの問題だし。

20130623_0.jpg

基本的には前回同様なので詳細手順は前回参照。異常は見られない。フルード漏れなどは無し。

20130623_1.jpg

リーディングシューのライニング厚さは3.3mmといったところ。まだ使えるとは思うし、ブレーキ自体踏めば効くが、信号待ちなどで油断するとスーッとクルマが前進するのでそれは怖いので交換する。いわゆる半ブレーキ対策。

20130623_2.jpg

エムケーカシヤマのリーディングシューZ9970-10と制研のカップキットSK62191Rを使用*3。シューにはTD54Wの文字があるが、カップキットにはTD11Wとか31Wとか書いてありますな。まぁ、共通なんでしょうな。昔のことはよくわかりませんが。どちらも優良部品マーク付きである。

20130623_3.jpg

シュー、左が新品、右が外した純正。純正部品にはNBKと書いてあるので日清紡ブレーキ製でしょうかね?新品のシュー厚さは4.5mmといったところ。ノッチを一つ出せばそれでいいんじゃないの?と思いたいところだが、全体的に熱でやられて劣化している面もあるのかも。何となく滑ってる気がするんで。

20130623_4.jpg

漏れなどは無いが、ゴムとしての劣化は激しい。ツヤも弾力もなく、事実外すときに破れたのでまぁ寿命だろう。

20130623_5.jpg

ホイールシリンダは綺麗なもので、錆や虫食いは無し。水は入っていないということだ。カップキット組むのには日産純正ラバーグリースを。シューの摺動面には鳴き防止で日産純正ブレーキグリースを使用。

20130623_6.jpg

後はラインロックを外してエア抜き。使用フルードはKYKのDOT4、走行しながらサイドブレーキを何度か引いてアタリを出し、走行しながらゆっくり引いていき、片利きしないで停止できることを確認。後は何度か踏めば完了。確かに利きは良くなった。


コメントをどうぞ


(画像の文字列を入力して下さい)

*1 油断するとクリープ現象がブレーキ拘束力に勝ってしまう
*2 本当は去年やる予定だったんだけど延び延びになっちゃったんだよね
*3 前回はミヤコのWK-866を使用したのであえて違うメーカーを

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-10-24 (月) 22:16:46 (995d)