リヤブレーキのオーバーホール とトレーリングシューの交換

121900km時、リヤブレーキのオーバーホール(3年ぶり3回目)を行う。前回はリーディングシューの交換だったが、今回はトレーリングシューを交換するの巻。

20161016_0.jpg

概ね前回同様なので詳細手順は前回参照。

20161016_1.jpg

残量はあるが、熱劣化もしてるし12万kmを超えているので交換。エムケーカシヤマのトレーリングシューZ9970-20を使用。これで全交換となる。

20161016_2.jpg

トレーリング側はサイドブレーキワイヤーとの接続があるんでちょっと面倒だ。気合と根性で交換。このシューはCワッシャやEリングではなく再使用不可能な留め金で止まっていたが、シューキットに交換部品が入っていたので問題なかった。前回は制研のカップキットSK62191Rを使用が、今回は初回に使用したミヤコのWK-866を再び使用した。どちらも優良部品マーク付きである。

20161016_4.jpg

後はラインロックを外してエア抜き。使用フルードはRGのDOT4.2。


コメントをどうぞ


(画像の文字列を入力して下さい)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-10-24 (月) 22:18:00 (907d)