リヤショックアブソーバーの交換

10万キロ間近ということで、ショックアブソーバーの交換を行う。

20140429_0.jpg

まずはジャッキアップしてウマをかける。これは足回りをやる時の基本。で、タイヤを外し、ロアアームをジャッキで支えつつ高さを調整、上下のボルトにCRC5-56を吹きかけて外し、ショックを手で縮めれば外すことが出来るので特に難しいことはない。スプリング別体式は実に簡単である。メガネレンチ一丁あれば出来るが、ラチェットレンチがあるとちょっと幸せなくらい。特殊な工具は必要ない。

20140429_1.jpg

社外品を含めて検討したが、純正が一番安いし入手性も良いので純正をチョイス。41700-65J00、トキコ製。一本5360円と非常に安い。言うまでもないが、右が外したモノ。錆がひどい、おそらく同じものだ。8年96000kmでこのように朽ち果てる。抜け切ってはいないものの、フルボトムさせると伸びるまでの時間は恐ろしくかかる(フロントだけど参考動画はこちら、リヤも同じ状態)。

20140429_2.jpg

取り付けの前には数回フルボトムさせて馴染ませておく。後は縮めて同じ場所に入れ込むだけ。上のボルトを取り付け、レンチでしっかり締める。

20140429_3.jpg

ジャッキで高さを調整しながら下のボルトを取り付け、レンチで締め付ければリヤは完了(フロントはこちら)。


コメントをどうぞ


(画像の文字列を入力して下さい)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-11-07 (金) 07:07:16 (1745d)