フロントブレーキパッドの交換

年式不明(おそらく2009年が初年度登録)のGN125Hはフロントブレーキが死んでいる状態で我が家に来た。効きが悪いというか、フィーリングが悪いという。早速ブレーキパッドを交換してみようの巻。

キャリパーご開帳

キャリパーを開けたらこれだ。

20170401_1.jpg

摩擦材が剥がれてきやがった・・・こんなので走っていたとは・・・。熱と錆でやられたんでしょうな。

20170401_2.jpg

さすが大陸品質・・・と思っていたら、これ、NTBのパッドじゃないですか。何だよ、国産品*1かよ。GN125Hに国産品のブレーキパッドって設定あったのか?型番を見るとKawasakiのエストレヤ用のであった。嵌るっちゃ嵌るのかな。これが嵌るとなると国産のGN125E用でも嵌ることになってしまうのだが。

大陸から手配する

念のためGN125H用とされるブレーキパッドを大陸から手配する。

20170402_1.jpg

钻豹 前刹车皮 碟刹片、日本円で約100円。ほら、ね。怪しいでしょ。

比較

新旧ブレーキパッド。箱の中身は普通。

20170402_2.jpg

やはりエストレヤ用は形が違うぞ?インストールしてブレーキフルードを交換、とりあえずブレーキは利くようになった。でもキーキー鳴く。ディスクローターが孔無しの初期型だからだろうなぁ。次はキャリパーと丸ごと交換しよう。何しろ送料入れても激安なのだから。


コメントをどうぞ


(画像の文字列を入力して下さい)

*1 大陸製造かもしれないけど

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-15 (土) 12:05:29 (794d)