TD54W/点火プラグ交換

53970km時、アイドル不調の原因とされた点火プラグを交換してみるの巻。

20100719_0.jpg

一応イマドキのクルマなので、エンジンカバーが付いている。

20100719_1.jpg

ハメ込みなので、すぐ外せる。見た目以外に意味が無い気もするので外しておいてもいいのだが、静音化には多少貢献しているのかも、ということで装着し続けている。

20100719_2.jpg

これまた一応イマドキのクルマなので、ダイレクトイグニッションである。8mmのボルトを外すと、プラグキャップと一体化した点火コイルを外すことができた。

20100719_3.jpg

プラグレンチはKTCのマグネット付き16mmソケットを使う。

20100719_4.jpg

マグネット付きなので、プラグの脱着でプラグを落とす危険性が無い。

20100719_5.jpg

外したプラグは4本とも同じようにキツネ色に焼けている。先端チップも特に異常はないし、ギャップも問題無さそうだが、はて。型番はIFR5J11でNGK製。

20100719_6.jpg

買ったプラグはNGKサイトにて検索した結果BKR5EIX-11Pにした。ちなみにマーチはデンソーのVK16にしている。比較の意味で今回はNGK製を選択。どっちがどうなのか、ちなみにデンソーならVK16で良いようなので相互に互換性はある。

20100719_7.jpg

新旧の比較。マイナス電極のチップはIRIMAXの方が小さい。交換は逆の手順で。取り付けはプラグレンチ+エクステンションで手締めして、回らなくなってからラチェットハンドルを取り付け、1/2回転(180度)締めればOK。アイドル、加速感に変化はない、ひとまず様子見。


コメントをどうぞ


(画像の文字列を入力して下さい)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-11-07 (金) 08:07:16 (1500d)