ツイーター交換

TD54W・エスクードはオーディオレスで購入*1、前車ミストラルからカーステレオ本体を移植しただけ。とりあえずはラジオとmp3がメインなのでこれで十分ではある。音もそんなに悪いわけではない。そんなに音にこだわる方ではない、といいつつ、カスタムフィットスピーカー+デッドニングくらいはマーチでもやっている。歴代乗り継いできたクルマもカーステとスピーカー交換くらいはして来た。

ところが、折角の6スピーカー*2が全く機能していないんじゃないかってくらいに高音が出ないのである。ミストラル時代に使用していたケンウッドのチューンナップツイーターは純正4スピーカーに足しても十分機能していたのに・・・せっかく取付場所があるのだから今回はあくまでも内蔵というのにこだわりたい。ただ、AMラジオの相撲中継や列島リレーニュース(笑)をもう少しちゃんと明瞭な音で聞きたいだけなのだ。AMは元々マスキングされたようなコモリ音だが、もう少し改善できないのだろうか・・・金があればメインスピーカーを換えたいところではあるが、金はかけられない・・・。

エスクードには何故かスーパーサウンドエディションなる特別仕様車があった*3。それには専用ツイーター、スピーカー、サブウーハーが搭載されるのである。メインスピーカーは後で市販品で何か適当なモノに交換できるし、サブウーハーは純正オーディオにのみ接続できる専用設計*4、買えそうなのはツイーターってなことで、まずはこれを流用したらどうだろうかの巻。

20070730_0.jpg

ツイーターはここにある。場所的には悪くないのだけれど、音が出てこない。性能が悪いのか仕事をしていないのか。

20070730_1.jpg

内張り剥がしツールで慎重にやれば簡単に外れる。

20070730_2.jpg

純正ツイーターはTWDとかいうワケワカなメーカー(いわゆるノーブランド)のモノ、4Ω25W。コネクタが一体成型になっている。いかにも安物然としているわけだが、この純正ツイーター(39102-65J20)の価格は1個2600円。とりあえずパーツリストを調べ、秋田スズキから部品注文。36102-66JA0を2個、4800円の2割引で3840円に消費税、4032円で購入。

試しに純正ツイーターを外してみても全く音が変わらない。おいおい、そりゃないだろうと。しかも購入したスーパーサウンドエディションツイーター(36102-66JA0)より200円も高いのである*5。コンデンサ一発のハイパスフィルタが付いている。無極性電解コンデンサ*6の値は2.2μF。周波数を求めるとF=1/(2πCR)より、F=1/(6.28*0.0000022*4)=18kHzか・・・

20070730_3.jpg

純正ツイーターは見た目に平板な小型スピーカーって感じ*7。人類の可聴周波数は~20kHzといわれているが、18kHzとギリギリのところにクロスオーバー周波数を設定しているからツイーターが鳴らない*8のでは?コンデンサを換えたら或いはもう少し仕事をするかもしれない。

20070730_4.jpg

スーパーサウンドエディションツイーターはカタチも一応ハードドーム型だし、見た目には純正ツイーターよりもかなりツイーターっぽい感じ。コネクタは一体成型ではなく別になっているが、カプラー形状は同一であり互換性がある。しかもスポンジが巻いてあるのでカタカタいうこともないだろう。もちろんネジ穴にも互換性はあるのでいわゆるボルトオン、カプラーオンってやつで交換可能。

20070730_5.jpg

スーパーサウンドエディションツイーターはクラリオン製、8Ω40W。ノーブランドではない、クラリオン製だっていうだけでちょっとは期待が持てるし、耐入力も大きいので多少はマシだろう。とは思ったが・・・これまたコンデンサ一発のハイパスフィルタが付いている(同じく無極性電解コンデンサ)。テスター実測で1.1μF(横河73203にて測定)。F=1/(2πCR)より、F=1/(6.28*0.0000011*8)=18kHz、あれ?わざわざ同じ周波数になるように、インピーダンスに合わせてあえて半分の値に設定した?しかし・・・こんなに高い設定でいいんだろうか・・・。これだと超音波発生器じゃんよ。

20070730_6.jpg

とにかく、安いコンデンサは換えよう、ついでにクロスオーバー周波数はもう少し下げよう、ってなことで、J氏が出張に行ったついでにアキバに立ち寄るというので、千石電商にて指月のポリエステルフィルムコンデンサ(2.2μF/250V)を買ってきてもらった。オーディオ用ともなれば高いのだが、これは180円と割と安価。特性は無極性電解コンデンサよりはいいはず。

20070730_7.jpg

純正コンデンサの片方の足を切り離し(これで電気的には未接続になる)、このコンデンサを代わりに半田付け。F=1/(2πCR)より、F=1/(6.28*0.0000022*8)=9kHz、一般的なチューンナップツイーターは10kHz前後に設定してあるというから、こんなもんでいいんじゃないかなと。鳴らす前から改造しちゃうってのもどうかとは思ったが [smile]。早速取り付けて試聴。おお、ツイーターが仕事をしている。以前と比べてやたらシャカシャカいうようになった。もしかして純正ツイーターのコンデンサチューンだけでも仕事をするようになったかもしれない*9が、まぁ、気分的にはここだけスーパーサウンドエディションってことでこっちの方が良い。


コメントをどうぞ


(画像の文字列を入力して下さい)

*1 とはいえ6スピーカーは標準で付いてくる
*2 純正でツイーターが装備される
*3 既にカタログ落ち
*4 そもそも重低音は不要
*5 スズキさんさぁ、スーパーサウンドエディションツイーターの方が安いんなら全車そっちにしてもいいんじゃないすか?
*6 特性は良くないと推察される
*7 ぱっと見でもイマイチ感が漂う
*8 鳴っていても聞こえない
*9 計算すりゃわかるが、純正ツイーターのままならコンデンサを3.3μFか4.7μFくらいにするといいんじゃなかろうか

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-11-07 (金) 08:07:16 (1500d)