エアコンフィルタ交換

2006年にクルマを買って以来、一度もエアコンフィルタを交換してなかった。2年10ヶ月経過、39000kmである。まったくこのままだったらこの状況と一緒じゃないか。早速交換しよう、と"エスクード エアコンフィルタ"でググってみると、いかにも"純正交換部品でフィルターが出ていない"的な話がヒットしたのでぶったまげた。んなわけないだろと。全くこういう誤った情報はさっさと訂正して欲しいものである。そもそもそんなわけないんですよ、だったら純正搭載時の品番はどうなるのよ?というわけで秋田スズキに純正部品を買いに行く。

ディーラーのショールームに入って早々に「部品注文いいですか?」と聞くようなヤツはたいてい驚かれると相場が決まっている。「用品ですか?オプションですか?」とか、ワケワカな返答が返ってくるものである。はじめからサービスに行ってもいいのだけれど、一応はセールスマン氏を通した方が値引きが期待できる(笑)というせこい行動*1

20090510_0.jpg

部品番号95861-64J00フィルタ・エバポレータコア、税抜1900円を税込1796円だから10%引きか。カテキン何とかフィルタ*2ってのもあるらしいのだが、この倍はするので辞めた。まぁ、高機能であってもマーチのそれよりかなり安いけどね。

20090510_1.jpg

グローブボックス。フィルタはこの中にある。

20090510_2.jpg

車検証や赤色懐中電灯のほか、筆者はここにETC本体を設置している。保安上安全で、見た目で邪魔にならず、カードの挿抜に問題がない。

20090510_3.jpg

グローブボックスを外す。工具は不要でマーチより簡単。左側にあるエアダンパー*3を外し、左右を押しつつ「引っ掛かり」をクリアして手前に引くと外れる。外したときでも大丈夫なように予め外してからETCを設置したので、このように配線が苦しくなることは無い。キツキツぴったりにしておくとこういうときに泣きを見る。

20090510_4.jpg

フィルタカバーが見えた。簡単に外れる。

20090510_5.jpg

カバーを外すと、青いフィルタが現れる。ゆっくり引き出すと、フィルタが出て来る。

20090510_6.jpg

新しいフィルタを挿入し、戻して終了。10分とかからない。

20090510_7.jpg

外したフィルタ。細かい虫などがそこにはある。つまりフィルタとして機能しているわけでそれはいいのだが「それら」を濾した空気を車内で吸っているわけであり、はっきり言ってさっさと交換すべきである(笑)。

20090510_8.jpg

一見、ただ黒ずんだように見えるだけだが、間を広げるとこんなにゴミが。ぉぇー。


コメントをどうぞ


(画像の文字列を入力して下さい)

*1 待ち時間にコーヒーも飲めるし
*2 いわゆる高機能タイプ
*3 これがあるため、ゆっくりと開く演出が可能になっている

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-11-07 (金) 07:07:16 (1712d)