ホーン交換

言うまでもなく軽のホーンはしょぼい。ビーでもない、ミーに近いような音。単音の電磁ホーン。それはもう原付かよみたいな感じ。マーチもそうだったので早々に換えて、廃車にするときに戻したので形見の品で残っていた。そのBOSCHのラリーファンファーレを移殖するの巻。

軽だってことも併せて舐められては困るのでさっさと換えて欲しいという奥さんの強力なリクエストがあるが、マーチほどスペースも無いしどうしようかと。もちろん配線は例によってプラスコントロールの一本。BOSCH製は2線式で2つあるのだ。

要するにマーチのときと同じなのだが、マーチはリレーハーネスを自作して配線していた。廃車にする際、その自作の配線のリレーに寿命がきていて相当ぼろぼろになっていたし、配線長もぴったり合わせていたので流用は利かないだろうと外すことはしなかったのだ。つまり配線は再製作しなければならない。かといってまた一から作るのは面倒だなぁ、と、マーチから外したものを一纏めに入れてあるダンボールの中に目をやるといいものを発見した。フォグランプのリレーハーネスだ。

当のフォグランプは本体がボロボロに錆びて再使用することも無いなという感じで外すことはしなかったが(WitXSには純正でフォグランプが装備されているし)、ホーンとは逆に配線だけは外しておいたのである。リレーハーネスで結構ちゃんとしているのだ。スイッチ部分を切断してそれにホーンの信号線を入力してやれば、フォグ2灯分の配線でホーン2つは余裕で駆動できるだろう。取っておいて良かったのだ。

これをホーンハーネスに改造しよう、というわけでフォグ用のコネクタになっている部分を切断して平型端子を圧着。これで配線に関しては問題無い。問題はホーンを物理的にどこに付けるか、それだけだ。

20110219_0.jpg

純正の電磁ホーンはここ、バンパーの裏にある。バンパー外してホーン交換している人が多いようだが、頑張ればバンパーは外すことなく出来そうなので頑張ることに。バッテリーのマイナスターミナルを外してから作業に取り掛かる。

20110219_1.jpg

ナンバープレートを外すと何かとアクセスが良さそうなので外した。でも見えるだけで実はあまり役に立たない。

20110219_2.jpg

頑張って外した純正のホーン。これ一つ、単音。原付のような音である。その位置にBOCSHの片方を取り付けようとしたが、どうしてもバンパーに干渉するようだ。渦巻型ホーンはでかいのでどうしても無理がある。さて、どうしたものか。丹念に探してみると、運転席側ヘッドライトの下に余っているネジ穴があるではありませんか。早速ホーンをここに取り付けてみる。

20110227_0.jpg

干渉は全く無いし、しっかり取り付けることができる。こっちの方が良さそうだ。

20110219_4.jpg

もう一つはウォッシャータンクを留めてあるナットを外してそこに共締めした。ハーネスがあると位置に自由度が出る。

20110227_1.jpg

2個の取付位置はこのようになった。ここならもう一回り大きなホーンも取り付けが出来そうだ。


コメントをどうぞ


(画像の文字列を入力して下さい)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-11-07 (金) 07:07:15 (1655d)