ギヤポジションインジケーターのLED化

このバイクには125ccのくせにギヤポジションインジケーターが付いている。これ、結構便利なのだけれど、直射日光下ではほとんど見えないのでLED化しようの巻。

20170505_0.jpg

メーターを付けたままでも分解は可能である。

20170505_1.jpg

基板には謎の漢字で色が示されている。要するに1〜5速ですな。6速のパターンが空きになっているが、仮にギヤやランプを増設しても窓に6の表示はないので6という数字は出ない。

20170505_2.jpg

半田付けされているのかなと思ったら、電球がソケット化されて挿さっているので改造は楽そうだ。

20170505_3.jpg

T5のLEDのチップタイプを使うことにする。但しそのままでは交換できないのでLEDは分解し、ソケットは使用しない。電球を抜いて電球のソケットを再利用する。

20170505_4.jpg

電球をソケットから抜く。

20170505_5.jpg

LEDもソケットから抜く。これをこのまま移植。

20170505_6.jpg

こんな感じのを5個作る。

20170505_7.jpg

とりあえず1速だけLED化。

20170505_8.jpg

直射日光下でもはっきり見える。

20170505_9.jpg

比較のため2速は電球のまま。

20170505_10.jpg

やはり若干暗い。直射日光が当たると見えない。

20170505_11.jpg

全てLEDにして元に戻して完成。


コメントをどうぞ


(画像の文字列を入力して下さい)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-27 (土) 08:54:41 (360d)