タコメーターケーブルの交換

年式不明(おそらく2009年が初年度登録)のGN125Hはタコメーターが死んでいる状態で我が家に来た。全く動作しないので、メーターが壊れているか、ケーブルがダメかのどちらかだが、たいていはケーブルだ。なおタコメーターには大きく分けで電気式(電気信号で回転数を拾う)と機械式(回転をケーブルで直接伝える)があるが、GN125Hは機械式である。

メーターケーブル接続部ご開帳

メーターケーブル接続部を外したらこれだ。

20170401_3.jpg

ワイヤーが無いです。これじゃメーターが回りません。

大陸から手配する

20170402_3.jpg

純正の出口装・・・何ですかそれは。純正部品では無いが、問題なかろう。

20170402_4.jpg

タコメーターケーブル、转速线、つまり転速線、だろうな。日本円で約80円。

エンジン接続部ご開帳

エンジン接続部を外したが、やはりワイヤーが無い。

20170402_5.jpg

比較

新旧比較。

20170402_6.jpg

メーター側接続部分。やや形状が違うが、まぁ大丈夫な感じ。

20170402_7.jpg

エンジン側接続部分はまぁ同じだ。

交換

20170402_8.jpg

ワイヤーは外れるので一度オイルを塗ってから装着するといい。メーター側、問題なし。

20170402_9.jpg

エンジン側も問題なしだ。これでタコメーターは動くはず。


コメントをどうぞ


(画像の文字列を入力して下さい)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-15 (土) 17:55:39 (457d)